2018年04月13日

伊豆マリオットホテル修善寺滞在記 <アクセス・館内施設> 2018.03



〜アクセス〜



伊豆マリオットホテル修善寺は、修善寺温泉付近にあるホテルです。
アクセスは車の方が周辺観光もできてオススメですが、、今回は電車のルートもご紹介しておきます。




C300A259-1BC3-4CD1-A599-F64F283FBDCD.jpeg

東京からだと、東京駅から特急踊り子号で行くルートと、新幹線こだまで三島駅まで行き、三島駅から伊豆箱根鉄道で修善寺まで行くルートがあります。




修善寺駅からは無料送迎バスで25分ほどです。




わたしは今回、三島駅から修善寺駅、その後送迎バスのルートを使いましたが、これがかなり大変、、🚌💦




一つひとつの乗車時間はそんなに長くないのですが、乗り換え時間がうまくいかないとかなり乗り換えで待つことになるので、予め時間を調べて行きましょう。
送迎バスは1時間に1本くらいのペースで出ています。




三島駅は小さな駅ですが、一応待合室とカフェスペース、おみやげ屋さんが入っているので、なんとか時間が潰せました。





三島駅で新幹線の降り場から伊豆箱根鉄道の乗り場まで5分は歩くのに時間がかかりました。
三島駅の待合室でのんびりしてギリギリに伊豆箱根鉄道に向かうと間に合わない可能性がありますので、時間に余裕を持って行動するのをおすすめします!




伊豆箱根鉄道の三島駅は終点・始発駅なので、折り返しの電車が来ていて、少し早めに行っても座って待つことができました^^





76D1DE44-9E25-470E-95A9-470FB8C174F6.jpeg

ラフォーレリゾート修善寺の案内図がこちら。
右下のエリアが今回宿泊した伊豆マリオットホテル修善寺です。


この他にも、宿泊施設、スポーツ施設、温泉施設、会議施設などなんでも兼ね備えた広々リゾートです。




〜館内施設〜




F33CCC5A-F703-4D71-9A19-2C882CB2757F.jpeg
こちらがロビー。
マリオット特有のATTUNEのアロマの香りがします^^
この香り、とっても好きなんです、、🌸




バス到着時にはベルの方が迎えに出て来てくれ、そのままチェックインに誘導してくれました。




4D66E5DB-5EDD-43EA-8946-E6C2AB6EF966.jpeg

A98E724C-81E3-471F-B2F7-251EA1A127D0.jpeg
ロビーにはかなり広々としたスペースがあり、ラウンジとは違うので、こちらでのんびりすることができます。

出発前の時間調整など、こちらでのんびり待つことができます。

この日は中国人ツアーの団体様がおり(100名ほどの大世帯、、)到着前にツアーコンダクターの方がホワイトボードに予定表を書いたりなんかしていました。





ちなみにこちらのホテルは全128室。
3階建の低いホテルですが、館内は広々とした造りになっていました✨




7A6DC6F3-FA55-47A3-9692-2B89AFE95902.jpeg
ロビースペースには喫煙ルームがありました。




E1B8158F-B3DA-4DB7-9CF7-908E963D3376.jpeg
ロビーにはキッズスペースもありました!
遊びスペースや絵本などもあり、子どもを遊ばせることができるので、ファミリーの方におススメです^^




8F0CFFDF-0C85-4BC6-ADCB-8566F1DFFAB5.jpeg
ちなみに館内案内はこちら。
温泉はロビーと同じ一階。
おみやげ屋コーナーもロビー横にありました。

今回は客室が二階だったので三階に行くことはありませんでしたが、会議室があったんですねー。




199DC32E-C580-4D03-B128-4B5ED6A20429.jpeg
ロビーから少し進むと温泉エリアへの入り口があります。




温泉施設は二種類あり、男女分かれている普通の温泉と、水着着用の温泉プールゾーンがあります。




温泉プールゾーンはこちら。
写真は撮れなかったので公式サイトから借りています。

CFE8267E-77ED-442A-A2AD-4E38BE2FA7C0.jpeg
実際はこんなに綺麗で新しい感じではないかな。笑
ただ、かなり広々としたスペースで、ビート板も置いてありました!
深さのあるプールで、温度はぬるま湯程度。
冬でも入れるプールといった感じです。




このエリアに男女兼用のサウナがあり、プールエリアを眺めることができるので、ファミリーで行く際には別行動できるのが便利かと思います。




男女別の温泉エリアはこちら。
こちらも公式サイトよりお借りしています。

5DC4B510-577D-4C03-A337-E0DDC6794768.jpeg
こちらはプールエリアと比べて狭いです。
ただ、部屋に温泉がある部屋も多いためかあまり混雑しない印象です。

わたしは結局、温泉もプールエリアも貸切状態を堪能できました。




館内の印象は、ロビーやキッズスペースなどの施設は新しくリノベーションされており、マリオットらしいグレーやベージュの色合いで統一されていました。

反対に外観や温泉、プールエリアはラフォーレホテル時代のままのようでした。
お部屋に温泉がついていれば、あえて温泉施設にはいかなくてもいいかも、、と思いました♨️



次の記事で、お部屋について紹介します。


posted by でぃーだむ at 17:03| Comment(0) | 伊豆マリオットホテル修善寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆マリオットホテル修善寺滞在記


今年の3月に、伊豆マリオットホテル修善寺に宿泊してきました!




伊豆マリオットホテル修善寺は、今までラフォーレ系列のホテルとして運営されていましたが、近年ラフォーレホテルからマリオットホテルへの運営へ変更が進んでおり、そのうちの一つです。




2016年には軽井沢、そして2017年7月に伊豆、山中湖、琵琶湖、南紀白浜の4つのラフォーレホテルがマリオットホテルへ変わりました。

元々ラフォーレホテルはラフォーレ倶楽部が経営するホテルであり、ラフォーレ倶楽部は主に企業と法人契約を結んで福利厚生プログラムを提供しています。




今回はその中でも伊豆マリオットホテル修善寺に宿泊してきました。
宿泊するにあたり、7月に開業したばかりということもあって情報が少なく、ブログや口コミ探しに苦労しましたので、なるべく多くの情報を発信していこうと思います!





今回もSPG AMEX所持者に与えられる、マリオットリワードのゴールドエリート会員として宿泊してきたので、その情報についても細かく記載していきたいと思います。




ちなみに今回は実は、わたしの勤める会社がラフォーレ倶楽部と法人契約をしていたこともあり、法人会員価格でかなりお得に宿泊してきました♩




そのため、連れがマリオットのゴールドエリートメンバーでも、その特典が適用されるのか不明だったのですが、事前にメールで確認したところ、「適用できる」との回答!





おかげさまでかなり有意義な宿泊になりました^^




まずは予約経路ですが、いつもはマリオット公式サイトか一休.comの2択のところ、今回はラフォーレ倶楽部の公式サイトから予約。




「部屋に温泉付き♨️がいい!」と切望していたので、温泉付きのお部屋を探しました。




予約内容はこちら💁‍♀️




プラン:【ラフォーレ倶楽部会員様向け】Basic Stay(素泊まり)
-----------------------------
人数:2人  食事なし
室数:1 室
客室:温泉露天風呂付 デラックスキングルーム 
大人@ 7,560 円 x 2 名

合計  15,120 円 (サービス料込・消費税込・入湯税別 )
入湯税
大人のみ(5,000 円以上は 150 円、1,000 円以上 5,000 円未満は 100 円)
-----------------------------



BCE1B6C1-1E2D-4BEE-A681-C1D914A2498B.jpeg

マリオット修善寺の中では、上から2番目に良いお部屋タイプです。

月曜日の宿泊なので比較的安めでしたが、一休で見ると3万円は超えていました。。
法人価格、おそるべし、、✨




次の記事でアクセスや館内、客室についてご紹介します!

posted by でぃーだむ at 16:27| Comment(0) | 伊豆マリオットホテル修善寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月09日

名古屋マリオットアソシアホテル クラブフロア滞在記<朝食・プール> 2018.03



しばらく更新までに期間が空いてしまいました。。

この記事では、名古屋マリオットの朝食とプール、ついでに名古屋名物ひつまぶしについてご紹介します!




〜朝食〜

名古屋マリオットのコンシェルジュフロア宿泊者の朝食は、コンシェルジュラウンジで提供されます。

東京などはラウンジでの朝食提供がないのでレストランでいただけるのですが、名古屋はラウンジでの提供があります。




レストランへ振替できないか聞いてみましたが、ダメでした( ;  ; )
ラウンジが混雑していて入らなかった時にレストランに案内してもらえたというブログも拝見したことがありますが、真偽のほどは不明です、、




コンシェルジュラウンジでの朝食は、和食と洋食のメニューが並びます。




2CC32F00-A53D-4EAC-A680-F57CACF9DD38.jpeg

やる気がなかったのか、写真が少なくて申し訳りません。。
わたしはいつも、サラダの上にスモークサーモンをのせていただいています♩
カッテージチーズがあったので、今回はそれものせてみました。美味^^!




B130144D-FFEB-40E2-B2D4-266272AA9169.jpeg

エッグステーションでオムレツを注文。
名古屋マリオットは珍しくクリームソースがあるので、いつもクリームソースで注文しています!
ケチャップが苦手なので、このメニューは嬉しい♩




〜プール〜

今回は利用しなかったのですが、名古屋マリオットではコンシェルジュフロア宿泊者とエリート会員は、タワーズというフィットネスクラブを利用することができます。




ここ、会員になるには100万円の入会金と90万円の会員資格補償金がかかります。。
それに加えて年会費が発生します。。
かなり高いです。。



ですが、コンシェルジュフロア宿泊者とエリート会員は無料!
これを利用しない手はないわけです。




5362FC91-2B2B-4E78-9B9F-1B3D5440A6BA.jpeg

D34EAC85-6A3A-4E44-B099-497D621EAE24.jpeg

立派なロッカールーム。
タオルのほか、バスローブも完備されています!




B7E426CC-0C08-4954-AE6C-E861D1D278FB.jpeg

プールエリア(公式サイトより)
かなり広々としたプールです。
ジャグジーもついており、大きな窓からは18階からの景色を堪能することができます。




3D4149DA-4EEC-4006-8457-480D0B409135.jpeg

ジムエリア(公式サイトより)
こちらも広々とした空間に様々な機材が取り揃えられていました。




04F4561A-EAB5-42B3-8618-BD50DC2E4B91.jpeg

6D4F8BA1-F067-4D5C-AE63-19C9AB2C8654.jpeg

ロッカールームの横には、こんな素敵なリラックススペースも設けられています。

バスローブでのんびりするのが最高です。




会員制のフィットネスクラブなので、周りも落ち着いたゲストが多いです。
ぜひ利用してみてください♩




〜名古屋名物ひつまぶし〜



名古屋マリオットに泊まるときは必ずひつまぶしを食べています♩



おすすめのひつまぶし屋さんをご紹介します。




●あつた蓬莱軒

ひつまぶしといえば、一番有名な老舗。
熱田神宮近くにあり、参拝がてら行くお客さんも多いようです。




C1D2FE4C-D0A2-4B21-8E9F-AD5F71FA5372.jpeg

とにかく美味です。美味しいです。

常に待ち時間が発生しており、先日行った際は2時間半待ちでした、、
お店で並んで待つのではなく、2時間半後に来てねというスタイルなので、待つ際には熱田神宮を参拝しに行くのがおすすめです^^




●まるや本店(名駅店)

D75C401A-34EA-4183-A837-FF1FCE8609FA.jpeg

こちらは比較的新しい、平成生まれのひつまぶし屋さん。
天白区植田に本店を構える、まるや本店。
名駅の名鉄百貨店のレストラン街に入っている店舗に行ってみました。





D3E20DEB-B02A-423B-8A6F-6A7EDAE13FE5.jpeg

こちらはあつた蓬莱軒と比べ、うなぎがカリッとしているのが特徴。
ひつまぶしには欠かせない薬味やお出汁がおかわり自由なのがとってもありがたいサービスです^^♩



名駅にあるので、アクセスがいいのもおすすめです。
こちらはお昼の時間帯に1時間待ちくらいでした。座って待っている間、メニューや温かいお茶をサーブしてくださいました。




名古屋マリオットに行かれる際には、ぜひひつまぶしを召し上がってみてください♩

posted by でぃーだむ at 00:33| Comment(2) | 名古屋マリオットアソシアホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。