2019年10月07日

ラスベガス旅行<準備編③> ホテル手配後編


前の記事に書いたように、最近では自社サイトの会員割引もよくあるので、今回パリスでも自社サイトから会員情報などを探してみることにしたんです。





現在ストリップ大通りにあるホテル群は、大きく分けるとシーザーズ系列とMGM系列に二分されています。




今回はシーザーズ系列に含まれるパリスを予約したかったので、シーザーズ系列のサイトを調べたらところ、シーザーズリワーズ(=CAESARS REWARDS)と呼ばれる会員システムがあることがわかりました。




サイトは残念ながら日本語版はないのですが、英語でも登録はさほど難しくありません。




会員登録後、シーザーズリワーズのアプリをダウンロードし、そのアプリから予約を入れました。




FEC6C441-963F-4E9C-961B-45C98A7BC938.png
↑アプリトップ画面




D4B1495C-2BD2-4885-B29F-B88EDA780CF1.png
↑予約が完了すると、ホーム画面に予約したホテルの予約情報が出てきます。




ちなみにアプリからの予約の仕方ですが、




6FE8F076-B490-4000-B00E-53BAE20DE40F.png
①「stay」のタブを開くと、シーザーズ系列のホテル一覧が出てきます。





9539B9DF-AC39-4F8D-BA41-033CABBA754B.png
②宿泊したいホテルを選ぶと、ホテルの基本情報が出てきます。
下部にある「Make a reservation」をクリックします。
ちなみにMake a reservationは、予約をするという意味です。




43C0127E-07DD-40A0-B5F5-E82B42E9F85A.png
③滞在期間(◯ nights)と宿泊したい日程を選びます。
一覧で金額が出てくるので見やすいです。




ちなみにこの金額には、リゾートフィーと呼ばれる、ラスベガス独自の税金は含まれません。




リゾートフィーはラスベガスにある悪しき習慣の1つなのですが、施設使用料・館内Wi-fi使用料・国内電話サービスなどの、ホテルにあって当たり前のサービスに対する使用料のことです。




ホテルにより設定金額は異なりますが、1日あたり35〜50ドル程度かかります。。
個人手配でホテル予約をする際は、ここも含めて予算とにらめっこする必要があるので、注意してください!




ちなみにシーザーズリワーズ会員の特典ですが、


19663DAA-C653-412C-B8F7-9605F04038ED.png

・ベストレート保証
・メンバー価格&特典
・72時間以内までの無料キャンセル
・無料セルフチェックイン




このような内容でした。
72時間以内のキャンセル無料は、チェックインの72時間まで無料、、ということのようなので、いったん予約を取り、安くなったらキャンセルして取り直しというのを今やっているところです。




基本あまり値下がりしないのですが、9月のlabor day(労働者の日)にプロモーションで値下がりしたため予約し直しました。




アメリカは祝日の際にこういったプロモーションがあるかもなので、次はthanksgiving(感謝祭)あたりに期待しています☺️




今回抑えた部屋は、こちら💁‍♀️

F3F2EB4C-FE66-4D6F-97A7-90852D474BEF.jpeg

C15BCC1E-6B4C-487D-9312-BAE4EE354921.jpeg




Burgundy Room/2 Queen/Non Smoking

Burgundyはブルゴーニュという意味のようです。パリスならではのネーミングのお部屋ですね☺️




2 Queenとかは、クイーンベッド2台のツインルームという意味です。




ちなみにホテル予約で気をつけなくてはならないのは、

ツインルーム=ベッド2台
ダブルルーム=ベッド1台

という住み分けになることが多いです。
よく中国の方などは、ツインとダブルの定義が国によって違うためなのか、ダブルで予約して「ベッド2台で予約したはずだ」とチェックインの時に仰ることが多いんですね、、

予約時気をつけるようにしてください。




ちなみにクイーンはだいたい横幅160cmくらいのことが多いです。
その上になるキングは180cmくらい。
ハネムーンやカップルでの旅行の時や、お子様と一緒に添い寝であればクイーンで十分ですが、女2人旅の場合はツインが嬉しいですね。




ちなみにこちらのお部屋、リノベーション済みのお部屋です😊
ラスベガスのホテルは古いホテルも多いので、リノベ済みなのは嬉しい限りですね。




ホテルに問い合わせたところ、空の冷蔵庫とバスタブあり、とのことでした。




海外のホテルは日本に比べサイトに写真が少なく、わからない点が多いです。。




ラスベガスのホテルは、宿泊者に部屋で快適に過ごしてもらうことよりも、いかにロビーフロアのカジノに降りてきて遊んでもらえるかが大切なので、部屋の快適さはあまり求めることができません。




そのため空の冷蔵庫が無いホテルが多い中、設置されているパリスはかなりありがたいですね✨




また値下がりするタイミングがあればブログ更新します😋

次はロサンゼルスのホテル予約についてです。


スポンサーリンク


posted by でぃーだむ at 13:17| Comment(0) | ラスベガス旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。