2020年02月12日

ラスベガス旅行<フライト編> 機内での過ごし方・おすすめアイテム①


次に機内での過ごし方や持ち物をご紹介します。




今回の旅行では、まずアメリカン航空でHND(羽田)→LAX(ロサンゼルス)までの10時間のロングフライトがありました✈️




LAS(ラスベガス)までは、現在どこの航空会社でも日本からの直行便は出ていません。
日本からの観光客は絶えずいるのに、直行便がないのは不思議ですよねー。。
以前はあったらしいですが😭




直行便がないため、今回はロサンゼルス国際空港で乗り継ぎをして、そこからさらに国内線に1時間ほど乗ってラスベガスへ向かいます。




そのため日本→ラスベガスのフライトは、まずLAXまでの10時間のロングフライトを乗り切る必要があります✈️




アメリカン航空を利用する際には、以前の記事でお伝えしたように事前にアプリを取ることをおすすめします!
座席の埋まり具合などを随時チェックできて、とても便利ですよ😚✨




今回の記事では、"狭い機内でいかに快適に過ごすか"にフォーカスして、色々ご紹介していきたいと思います!!




ちなみに今回のフライト機材は、Boeing787-9。ボーイングの中では新しい機材でした。




わたしはロングフライトがとても久しぶりだったので、今回かなり身構えて、万全の準備をして臨みました!
旅慣れている方には大げさかと思いますが、フライトに不安を感じている方の少しでも参考になればと思って記録します。




まず服装は、ゆるーいワンピースがベースです。おなかのあたりの締め付けが一切ない、ゆるいワンピースをグローバルワークで買いました!




飛行機は上空で気温が下がりますので、その上にユニクロのウルトラライトダウンを着て、羽織りもの兼ひざ掛けとして大きめのストールを持ち込みました。




ちなみにアメリカン航空では、座席にブランケットと不織布で包まれた枕が袋に入ってセットされていました。




クリーニングしてあるとは思いますが、誰がいつどんな風に使ったかわからないブランケットを使うのは嫌だったので(若干潔癖気味なのです…)、自分の大判ストールを持ち込みましたが、首に巻いても肩から羽織っても、ひざ掛けにしても万能なので、1枚あると便利ですよー^^




ちなみに備え付けの枕は腰のあたりに入れてクッションにしていました。笑




お洋服に戻りますが、ワンピースの中にはヒートテックを着ていましたが、すごく暑くなったりすることもなく、いたって快適でした。個人差はあると思いますが。




次に足元ですが、タイツを履くとお腹まわりの締め付けが気になるので、羽田空港まではタイツを履いていきましたが、フライトの直前のトイレで、緩めのレギンスに履き替えました。




レギンスの中にはドクターショールの「フライトソックス」を靴下として履いていきました。





旅行便利グッズ ドクターショール フライトソックス 機内用着圧ソックス M 男女兼用 むくみ
旅行便利グッズ ドクターショール フライトソックス 機内用着圧ソックス M 男女兼用 むくみ




メディキュットでもよかったんですが、足先まで繋がっているタイプが良くて、今回はAmazonでこちらを購入しました。




多少足のむくみは解消されたかもですが、元々わたしは長い時間着圧ソックスを履くのが苦手なので、途中でトイレで脱いだり履いたりして調整しました。




ちなみに足元は、機内ではぺたんこサンダルにしました。お出かけ用のショートブーツで機内に搭乗し、離陸前に座席でサンダルに履き替えました。




ホテル用に持っていった使い捨てスリッパを機内で履いてもよかったのですが、不安定な機内での歩きやすさと、機内のトイレが万が一濡れていた場合の防水性を考えてサンダルにしました!脱いだり履いたりもしやすいですし、これは快適でしたー😚




あとロングフライトの鉄板、ネックピローももちろん持ち込みました!




Purefly ネックピロー U型 手動プレス式膨らませる 旅行用 飛行機 バス 自宅 オフィス 収納ポーチ付
Purefly ネックピロー U型 手動プレス式膨らませる 旅行用 飛行機 バス 自宅 オフィス 収納ポーチ付




こちらもAmazonで購入したのですが、このネックピローとっても優秀でおすすめです!




今回ネックピローを選ぶ基準として、衛生面と持ち運びの利便性の双方を考え、空気式の折りたたみ可能なタイプ、かつ口でなくて手動ポンプで膨らませるタイプのものを探し、こちらの商品に行き着きました。




こちらの商品はビニールのクッションの上にベロア生地?っぽいカバーがついており、肌触りがとってもいいのが魅力です!
カバーは取り外し可能なので洗うこともできますし、持ち運ぶ際には空気を抜いて付属の巾着に入れて持ち運びできます♩
(旅行後に洗濯機で洗いましたが、生地のふわふわ感を損なうことはありませんでした!)




ちなみにこちらのおすすめ商品、Amazonで注文した際に不思議なことが起きました。





商品到着時、スクラッチカードのようなものが同封されていました。Made in Chinaなのでちょっと怪しい日本語の文面。。




試しにスクラッチを削ると、「1等 Amazonにレビューを書くと、同商品をもう一個プレゼント!」というような文字が。。




「ん?怪しすぎないか?笑」と思ってAmazonのレビューを見てみると、同じことになってる方がいらっしゃいました。
読み進めていくと、この流れでまったく同じ商品を本当に貰えたとのこと。。




怪しいと思いつつも気になったので、人柱になるつもりで試してみることにしました!




まずAmazonに商品レビューを載せ、そのスクリーンショットをFacebookのmessengerで送れという指示。




怪しさ満点😂😂😂😂




でもものは試しだし、messengerならいいかなということで送信。




するとわりとすぐに日本語での返信が来て、レビューの掲載が確認できたら、この商品と同額のAmazonポイントをプレゼントするので、それで同じ商品を購入してほしいとのこと。。




怪しすぎる😂😂😂😂😂




でもやはりものは試しなのでやりとりを進めていくと、本当に自分のAmazonアカウントにポイントが付与されていました😳😳😳




これはかなり驚いたと同時に、「え、これこのポイントで他に欲しいもの買っちゃえばいいんじゃ笑」と思ったのですが、そこはビビリなのできちんと同じ商品(でも色違い)をポイントを使って購入。




そして数日後には、本当に色違いのその商品が届いたのです😳😳😳😳




驚きしかなかったのですが、とりあえずラッキーということで、近々旅行に行く友人にその片割れはプレゼントして、自分もばっちり今回の旅行中多用しました😊♩




折りたためるネックピローなので、飛行機ももちろんですが、グランドキャニオンのツアーなどの長い車中でも活躍しました♩




一点使用上の注意として挙げられるのは、空気を入れて膨らませていますので、機内で気圧が下がるとパンパンになります。
それで割れるという感じは全くなかったですが、首元にあるボタンを押せば簡単に空気が抜けますので、気圧に合わせて微調整すればOKです🙆‍♀️!




ここまでフライトを快適に過ごす方法やおすすめアイテムをお伝えしてまいりましたが、長くなってきたので次の記事に続きます〜。



スポンサーリンク


posted by でぃーだむ at 12:27| Comment(0) | ラスベガス旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。