2020年04月09日

ラスベガス旅行<Day①> LAX到着~トランジット~ホテルまでのアクセス方法



準備編・フライト編でかなり時間がかかってしまいましたが、やっとこさラスベガス到着後のブログです!





今回の目的地ラスベガスの最寄空港は、マッカラン空港(LAS)です。
前述のとおり、現在日本→マッカラン空港の直行便は出ていないため、基本は日本からロサンゼルス国際空港(LAX)に飛び、そこから国内線に1時間ほど乗って、マッカラン空港へ向かいます。





わたしは今回元々の予約していたフライトでは、LAXとLASのトランジットはジャスト2時間でした。
LAXはアメリカの中でも大きい国際空港なので、2時間のトランジットはちょっと不安だなぁと思っていたのですが、出発の3か月くらい前にフライト時間の変更が旅行代理店から届き、4時間のトランジットになりました!





羽田発の出発時間は変わらず、LAX→LASのフライト時間が早まってしまったために、次のフライトへ変更になったためのフライトチェンジでした。
LAX→LASは2時間が最短の乗り継ぎ時間と書いているブログが多かったので、4時間に変わり一安心。
まぁ、現地に到着する時間が遅くなるため、初日の時間が短くなる、ということなんですが、バタバタしてトランジットがうまくいかないことを考えるとこの方が安心して過ごせますね♪





ちなみに今回のフライトスケジュールですが、

HND→LAX 19:20発 12:20着
LAX→LAS  16:20発 17:34着

このようなスケジュールになっています。




ロサンゼルス・ラスベガスは日本と比較して時差が約8時間ありさかのぼる形になりますので、出発日が1日の19:20であれば、到着日の現地時間は1日の12:20にさかのぼって到着するイメージです。





そんなわけで、今回は12:20にLAXに到着し、そこから夕方まで4時間ほど時間を余すことになりました。





とはいえ、入国までに並んだこともあり、わたしがボーディングパスにSSSSが印字され多少時間がかかったこともあり(フライト編記事参照)、1時間半ほど入国審査が終わり自由になるまでに時間がかかりました。





ちなみに入国の際には、指5本分すべての指紋を取られ、今回の入国の目的、誰と来たのか、どこに滞在するのか、滞在先ホテルは、などの質問をされました。





HollyWood看板.jpg

iPhoneの画角が狭すぎて、HollyWoodが入りきらない笑





これらが無事に済み自由になったので、まずは洗顔でさっぱりしたい!ということもあり、お手洗いへ。
この先まだ時間もあり、空港内をぷらぷらする予定だったので、この場でささっとメイクも済ませました♪





まだ時間もあったので、腹ごしらえに。時間は現地で14:00くらいだったから遅めのおひるごはんですね。





LAX バーガー.jpgLAX バーガー.jpg





LAXのトムブラッドレー国際ターミナルのフードコートで、うまみバーガーを注文。





バーガーはBURG CALIを注文し、$14.15。ポテトはSKINNY FRIESを注文し$5.25。オレンジジュースは$3.99。
合計税込みで約$25のお高いランチになりました。日本だとシェイクシャックやクアアイナでももうちょっと安いかなぁ。。
さすが物価の高い国アメリカの空港ランチですね。





ちなみにお味はというと、バーガーの中にわたしの苦手なオーロラソースとピクルスが入っており、、残念ながら、うまみバーガーは友人にお譲りすることに(;;)
わたしはポテトと、友人が頼んでたピザを分けてもらいました!




トムブラッドレーはLAXの中で一番大きなターミナルなので、ブランド品のお店や免税店などが充実しています。
ですが免税品は入国時には買うことができず、出国時のボーディングパスが発券されてないと買い物ができません(;;)
たくさんの免税品を見ながらも、泣く泣くトムブラッドレーを後にしました。





自分たちのフライト(アメリカン航空)のターミナルへ移動し、出発ゲートを確認してから、ターミナル内を物色することにしました。





意外とこちらも賑わっており、カフェ、本屋さん、お土産屋さんなどがありました。
わたしはsunglass hutとというお店(免税店ではない)でサングラスを買いました。





珍しく売っていたティファニーのサングラスに一目ぼれし、お買い上げ!
$428.15とかなり高かったのですが、今後の海外旅行でしっかり使いまわすつもりでいいものをと思い、旅の初めに購入しました♪





そんなこんなでフライトの時間が近づいたので、搭乗口へ。
LAX→LASのボーディングパスは、HND→LAXとは別のボーディングパスになるので、SSSSの呪縛からも解放されました^^





国内線の小さめの機材エアバスA321でした。
モニターもついており、Boeingより座席も低い点は快適ポイントでしたね♪笑





飛行機View.jpg






1時間ほどのフライトで、あっという間にマッカラン空港に到着です^^
短いフライトながらも、ドリンクのサービスがあり、小さいペットボトルの水か、プラスチックカップでのジュースのサービスか選ぶことができました。なかなかありがたいサービスでした♪





ちなみに座席は3-3の構成でした~。





無事にマッカラン空港に到着したあとは、荷物を受け取り、ホテルへ向かいます。





マッカラン空港はラスベガスの中心地であるストリップまで、車で約10分程度。
ストリップ大通り最南端のルクソールホテルからも目視で見えるような距離感です。





わたしたちは今回の旅行で配車サービスのUberとLyftを活用するつもりだったので、ここでもさっそくUberを呼ぶことに!





荷物をピックアップした場所からすぐの位置に、「Ride Share」のスポットがあります。
そこにUberもLyftも配車依頼をしたドライバーが来るので、自分の配車したドライバーが来るのを待ちましょう。





ちなみに飛行機が到着すると多くの人々がライドシェアサービスを利用するため、わたしが行った際もライドシェアスポットはかなり混雑していました。
が、その混雑した場所に自分のドライバーは来るので、しっかりと自分のUberないしLyftの車のナンバーを探しましょう!!





ライドシェアサービスだと、ホテルの目の前の車寄せまで運んでくれるのと、大きなスーツケースなどもタクシードライバーのように積んでくれるのでとても便利ですよ♪




この旅ではライドシェアをかなりの頻度で使いましたので、「ライドシェアって何?安全なの?」という方のために、後程記事にしたいと思います^^





次の記事ではいよいよホテルのご紹介です。

スポンサーリンク


posted by でぃーだむ at 19:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。